人と比べての一喜一憂について

うまく言い表せないが、

この、人と比べての一喜一憂ほど、

無駄な時間はない。

人と比べて、エネルギーにするのはいい。

人と比べて、モデルにするのはいい。

人と比べて、ライバルにするのはいい。

でも、人と比べて、僻んだり、不公平だと思ったり、勝ったと思ったり、

そんなことをしてあまり意味はない。

それは一つのものさしで、例えば数値で測ったときに見えた差だけだから。

そして、他人は60億人もいるわけで、たまたま見えている近くの人と比べたからといって、

あまり意味はない。

比べるなら自分と比べろ。

過去の自分と比べろ。

自分の理想と比べろ。

そうすれば、決して環境のせいにはできない。